• Haru

人がチャネリング出来る相手は限られているのか?仙人さんに聞きました。

皆様、今日は。朝の冷え込みが厳しくなってきたと思えば、今日は30度越えの気温。

おかしな気候になっているドイツです。

今日も仙人さんにお聞きしました。以下、チャネリングです。


私-お早う御座います。今日もお話しを聞かせて下さい。

仙-よかろう

私-人がチャネリング出来る相手は限られていますか?

例えば、チャネリングする為に、その相手の波動に合わせる事は難しいとか?

仙-そんな事はない。勿論、繋がりやすい相手と言うものはある。だが、人の波動がある程度上がってくると、繋がれる相手は自然と増えてくるものじゃ。

私-では、契約した相手としか繋がれない訳ではないと?

仙-契約などしとらんでも、繋がれる人は繋がれる。それは人間的な考え方じゃな。

私-そのように聞いた事があるもので。チャネリングで色々な相手と繋がれるのはおかしいと。

仙-契約のぅ・・・

私-繋がる為には自分の波動をその存在と同じように上げる必要があるから、色々な存在と繋がるのは不可能、とか聞いたもので。

でも私は、実際に他の存在とも繋がって話した感覚があるのです。

仙-その者がそう信じるならば、そうなるのだよ。

固定観念、思い込みがそうさせる。

私-なるほど。では、色々な存在と繋がれるのも自然な事?

仙-宇宙は皆、繋がっておる。

私-確かに、その通りですね。だからこそ、闇とも繋がりやすい?

仙-そうじゃ。自分がどうありたいのか、しっかり認識する必要がある。

私-私も含めて、今チャネリングを練習している人に何かアドバイスを頂けますか?

仙-そうじゃの、何故チャネリングがしたいのか?そこが重要なのじゃ。それによって、自分が他の人より優れていると感じたいなら、無意味な事じゃ。そういう者は、良い存在とは繋がれないじゃろう。

お前さんは何故チャネリングをする?

私-知りたいからです。この次元で生きる為に、苦しさを感じている人が沢山います。私がチャネリングする事で、少しでも心が軽くなり、生きやすくなる人もいるかも知れない。もっともっと、真実を知った上で、活動していきたいです。

仙-うむ。

私-良く解りませんが、スピリチュアルを学ぶ人の多くが、路線がずれてしまっているように感じてならないのです。知識を詰め込み、新しい情報に乗らないといけないようなあおりというか・・・。

仙-浮かれすぎない事だ。自分の目の前にある者達を大切に、丁寧に生活する事が大切なのじゃ。学びは、日々の暮らしの中から感じるものじゃ。

私-生活を丁寧に。

仙-そうじゃ。今自分の周りにいる人達も、高次元の存在も、同じエネルギ-体じゃ。近くにいる者の中にある、高次の部分に触れられずして、何故遠い高次の存在に繋がれると思うのか。

ちゃんと、自分が選んで来た現実で、愛を学べるようになっておる。

チャネリングを学ぶのは良い事じゃ。しかし、霊力の高さが愛の深さ、学びの深さではない。地球で学べる事をおろそかにしない事じゃ。

私-そうですね、大変納得です。今日も有難う御座いました。

いつも、全くぶれない仙人さんです。

今日も最後までお読み頂き、有難う御座いました。


癒波導 ハル

最新記事

すべて表示

今日のチャネリング ハイヤ-セルフ、仙人

皆様今日は。今朝も-2.7℃と、4月に入っても寒いドイツです・・・。 暖かい場所にお嫁に行くつもりだった若いころを思い出し、朝から苦笑(;^ω^) 一年の半分は冬だと感じるドイツ・・・でもね、ビ-ルも美味しいし、人も良いのです♪ 家が石で出来ていて、家じゅうにお湯の通る管がある為に、部屋の中はほぼ一年中20℃キ-プです。 そういう意味では、暖かい場所にお嫁に来たのかもしれません。 ものは考えようで

コントロ-ルされない人生♪

皆様今日は♪ 4月だと言うのに、雪が降ったり嵐になったり、おかしな天気の続いているドイツです。 日本では『女心と秋の空』なんて言い回しがありますが、この天気の変わりやすい秋の空は、ドイツでは春にあたるのです!『女心と春の空』(笑) これが過ぎて、カラッと晴れた素晴らしい五月の天気が待ち遠しいです♪ 人の心(魂)が成長すると、どうやら自分の魂の中から、もう少し高いレベルの自分が降りて来て、新しいハイ

ラムサからのメッセ-ジ

-マインドコントロ-ルの為の誘導を作りたいので、貴方の知恵を貸してほしい いいだろう -人が自分を取り戻すのに必要な事は何でしょう? 自分も神である事を思い出す事だ -どうしたら思い出せる?それが出来る様になる誘導を作りたい 心をオ-プンにし、古い自分を脱ぎ捨てる 今日の自分は、昨日の自分の延長ではない 今日と言う日は、昨日の延長ではない 貴方方がこの人生で体験したい事は何だ? 貴方方がこの人生に