• Haru

人がチャネリング出来る相手は限られているのか?仙人さんに聞きました。

皆様、今日は。朝の冷え込みが厳しくなってきたと思えば、今日は30度越えの気温。

おかしな気候になっているドイツです。

今日も仙人さんにお聞きしました。以下、チャネリングです。


私-お早う御座います。今日もお話しを聞かせて下さい。

仙-よかろう

私-人がチャネリング出来る相手は限られていますか?

例えば、チャネリングする為に、その相手の波動に合わせる事は難しいとか?

仙-そんな事はない。勿論、繋がりやすい相手と言うものはある。だが、人の波動がある程度上がってくると、繋がれる相手は自然と増えてくるものじゃ。

私-では、契約した相手としか繋がれない訳ではないと?

仙-契約などしとらんでも、繋がれる人は繋がれる。それは人間的な考え方じゃな。

私-そのように聞いた事があるもので。チャネリングで色々な相手と繋がれるのはおかしいと。

仙-契約のぅ・・・

私-繋がる為には自分の波動をその存在と同じように上げる必要があるから、色々な存在と繋がるのは不可能、とか聞いたもので。

でも私は、実際に他の存在とも繋がって話した感覚があるのです。

仙-その者がそう信じるならば、そうなるのだよ。

固定観念、思い込みがそうさせる。

私-なるほど。では、色々な存在と繋がれるのも自然な事?

仙-宇宙は皆、繋がっておる。

私-確かに、その通りですね。だからこそ、闇とも繋がりやすい?

仙-そうじゃ。自分がどうありたいのか、しっかり認識する必要がある。

私-私も含めて、今チャネリングを練習している人に何かアドバイスを頂けますか?

仙-そうじゃの、何故チャネリングがしたいのか?そこが重要なのじゃ。それによって、自分が他の人より優れていると感じたいなら、無意味な事じゃ。そういう者は、良い存在とは繋がれないじゃろう。

お前さんは何故チャネリングをする?

私-知りたいからです。この次元で生きる為に、苦しさを感じている人が沢山います。私がチャネリングする事で、少しでも心が軽くなり、生きやすくなる人もいるかも知れない。もっともっと、真実を知った上で、活動していきたいです。

仙-うむ。

私-良く解りませんが、スピリチュアルを学ぶ人の多くが、路線がずれてしまっているように感じてならないのです。知識を詰め込み、新しい情報に乗らないといけないようなあおりというか・・・。

仙-浮かれすぎない事だ。自分の目の前にある者達を大切に、丁寧に生活する事が大切なのじゃ。学びは、日々の暮らしの中から感じるものじゃ。

私-生活を丁寧に。

仙-そうじゃ。今自分の周りにいる人達も、高次元の存在も、同じエネルギ-体じゃ。近くにいる者の中にある、高次の部分に触れられずして、何故遠い高次の存在に繋がれると思うのか。

ちゃんと、自分が選んで来た現実で、愛を学べるようになっておる。

チャネリングを学ぶのは良い事じゃ。しかし、霊力の高さが愛の深さ、学びの深さではない。地球で学べる事をおろそかにしない事じゃ。

私-そうですね、大変納得です。今日も有難う御座いました。

いつも、全くぶれない仙人さんです。

今日も最後までお読み頂き、有難う御座いました。


癒波導 ハル

最新記事

すべて表示

ハイヤ-セルフとの同化が起こる時

自分のハイヤ-セルフと同じレベルになると、今のハイヤ-との同化が起こる! 皆様今日は。 秋分が過ぎて、エネルギ-はますます軽やかになってきておりますね。 今日は、私のハイヤ-との、ある日の会話をご紹介します。 これまで、私のハイヤ-は何度となく姿も名前も変わって来ています。 今いるハイヤ-セルフと同等まで自分が成長すると、そのハイヤ-との同化が起こり、そして自分の潜在意識の中の更に高い部分(波動の

霊的な目覚めより、大切な事

皆様今日は。今日も朝から仙人さんとの会話です。 皆様にも、響きます様に(^^♪ 私-仙人さん、今日もよろしくお願いします。 仙-どうかね? 私-チャネリング頑張ってます。早く目覚める様に。 要らないエネルギ-を外していったら、目覚めが早まりますか? 仙-そうじゃの、人によってはそれだけでは足らんの。 私-では、他に何をすれば良いですか? 仙-自分がここで何を体験したいかを、考えてみる事じゃ。 私-

目覚めの邪魔になっているもの

皆様今日は。今朝のドイツは外気温、既に4.5度でした。。。 すっかり冬の朝のように、窓を開けたら〔キ-ン〕と冷たい空気に身が締まる思いでした。 さて、今日も朝から仙人さんと繋がり、私達の意識の目覚めの邪魔になっているものについてお聞きしてみました。 以下、チャネリングです。 私-お早う御座います。 仙-お早う 私-今日もよろしくお願い致します。私達の目覚めの邪魔になっているものは何ですか? 仙-否